← 商品一覧    →→Wベルト投手用グラブセミオーダー  

コントロールはグラブで変わる?!

なぜあなたのコントロールが定まらないのか?

 

コントロールが乱れ定りにくい原因は大きく分けて5つあります。

5つの理由

 

理由1)投球動作の軸足の片足状態の時に骨盤がしっかり前傾状態を保てない。軸足の股関節に乗っていない。
その結果、骨盤が後傾状態で頭が後ろ側に倒れてやすくステップ足がインステップしやすい、もしくはリリース時にバランスが崩れやすくなる。腕の軌道が外側になる。
骨盤通常状態

■骨盤前傾の場合


↓  ↓  ↓

片足立ちになる
バランスがとれてコントロール定まりやすい

 

 

骨盤後傾の場合


↓  ↓  ↓

 骨盤後傾状態の片足立
バランスがとれずコントロールが乱れやすい
インステップしやすい
頭が突っ込む可能性がある

 

理由2)ステップ着地時にグラブ側の肩甲骨の位置が開いている。
グラブ側の肩甲骨の位置が右投手で一塁側を向くと体がすでに開いているので投げ腕(右腕)が遠回りをする。結果リリース時がアバウトになるのでコントロールが定まりにくい
 グラブ側の肩甲骨閉じている
軸足の股関節にタメが残りやすい。投げ腕が体の近くを通りやすい

 グラブ側の肩甲骨開いている
頭が突っ込みやすい、体重移動が終了してからリリースになる。投げ腕が体の外側を通る

 

理由3)ステップの着地時にグラブ側の肩が下がる。
投球動作の片足立ちから並進運動(体重移動)する動作のなかで軸足の骨盤が前傾状態をキープできないと右投手の場合、体重移動時に右股関節から左股関節の体重移動が速く終了して頭がツッコミやすくなりグラブ側の肩が下がりやすくなります。これはグラブ側の肩甲骨が開きやすい投手にもよく見受けられます。投球の回転運動は体重移動をして着地と同時ぐらいに始まりますのでこの時にグラブ側の肩が下がってしまうとひざが割れる、突っ込む、投げる腕が外側にほどけて打者から見やすく、大回りするので故障の原因になりコントロールが定まりにくいと言われています。

着地時にグラブ側の肩が下がる
投げる準備をする右腕の回内、内旋運動(ボールと肘を挙げてくる動作)の時間が少ない、ひじがまだ引き状態で投げる

グラブ側の肩が下がっていない
投げる準備をする右腕の回内、内旋運動(ボールと肘を挙げてくる動作)の時間がとれる。

 

理由4)投球動作の回転運動で頭と腕に距離ができる
投球時にグラブ腕を体に急激に巻き付け壁を創ってボールを投げようとすると投げ腕が体の外側を回ります。右投手の場合、グラブを左胸に巻き込んで引くと右の腕はやひじは内側に来るのはとても窮屈になります。1度試して見てください。だから頭からボールまでに距離が出来リリース時がアバウトになりやすくなります。逆に回内動作でグラブ側の肘が外にあれば右の腕やひじは中に入りやすくなります。

グラブ腕を巻き込む(回外型)
遠心力が働き腕を戻す余計な力が必要になる

グラブ腕の肘が外に行く(回内型)
体の近くを腕(肘)が通るので腕や肩の負担が少ない
これを可能にするのが回内グラブ側の腕やひじの使い方

 

理由5)頭から腕が遠回りするとボールの回転軸の傾斜が多くなる
コントロールがいいとはボールの回転軸が真横で自転車のタイヤがまっすぐに転がる感覚です。もし自転車の回転軸が歪むと自転車はまっすぐ走れないです。むしろカーブで曲がりたいときはバイクも自転車もタイヤの回転軸を横に向けます。このように投球時もできるだけ身体の中心にひじやリリースを持ってくることで回転軸が地面と平行になるのでコントロールが良くなります。

回転軸の傾斜が大きい
右投手の場合、ボールが右打者の方に流れていく
左投手の場合、ボールが左打者の方に流れていく

回転軸が地面と平行
回転数が上がりキレのある回内ストレートが投げられる!
このストレートを体得できると回内カーブや回内スライダーなど変化度が打者の近くで発生する変化球が投げられるようになる

 

注意)上記以外にもコントロールが定まらない原因はいろいろ考えられますが、過去に指導してきた投手は、ほとんどこれらの原因の合併症でした。私はこれらの原因のある投げ方を現状されても結果が出ておられる投手の方をとてもリスぺクトしています。
結果も重要です。そして、これからの解決策の記事を読まれなくてもいいと思います。しかし、現状コントロールで困っておられていて、それを本気で治したい保護者、指導者、コーチの方そして当事者の投手自身の方なら、これからの解決方法の記事をお読みください。絶対にお役に立つと思います。

 

この内容はNHKを始め民放でもたくさん紹介されました。
■NHK「おはよう関西」H31・3・15


ただ7分ではすべて伝えきれませんでした。


実際にヤマト回内グラブとその使い方を体得されて外角低めにキレのある球を投げれるようになった投手の動画が紹介されましたこの動画はヤマトメルマガに登録されたら隠しページでご覧になれます。

■毎日新聞(2019・5・2)でも全国紙で紹介されました。


https://mainichi.jp/koshien/articles/20190502/k00/00m/050/008000c.amp?fbclid=IwAR2xUy0LW0KcdiGg1Qj78mm7X2lDwcbqBJM-BDc0C_xyYEyMaRtXPgoaY68

解決方法

梅原式回内投球動作体得ドリル

回内投球動作とそれが実現しやすい回内グラブのヒントは大和の古武術の達人から伝授されました。小さな体の動きで最大のエネルギーを生み出す武術です。その為にまずは道具(グラブ、スパイク、インソール、ソックスなど)で手元、足元を回内状態を発生しやすい環境にして無理なく無駄なく親指の動きを全身に伝えられるようにその動きと野球道具を融合させることに成功しました。そしてわかったのはコントロールを本気で治したい方で、この動作を正しく体得して頂けたら結果が出るということです。ヤマト回内グラブとその正しい使い方は、車の両輪でありこの連動体得が不可欠です。そこで、まずは回内投球動作を体得して頂く5つのステップを創りました。ヤマト回内グラブを効果を最大限に引き出す方法です。ヤマト回内投手用グラブをご購入の方には、この動画DVDをプレゼントしています。(回内投球動作体得ドリルのDVDは2019年11月に完成しましたので過去にヤマト回内投手グラブをご購入された方には郵送で送るせて頂きます。今まで一番ご質問が多かった、回内グラブの腕のたたみ方、効果的な動きなども詳しく解説しています。)また、ヤマト回内投球動作が動画だけではよく分からないようであればご予約いただけたら無償で個人指導させて頂きます。必ずご予約下さい。なお、なかなか奈良に行けないと言われる方にはこの動画ドリルのステップ1~ステップ5を正面と真横から録画して送ってください。アドバイスさせて頂きます。過去に回内投球動作が上手くいかない方はこのステップの5つのどれかが間違って行っていたことが多かったです。

 

ステップ1)真上投げ
真上にボールを投げて投げた手で受ける。肘の使い方伸ばし方を体得します。回内ストレート、回内カーブなどを投げるときも役立ちます。またステップ3の正面回内投げの時の腕の動きもよくわかります。家でも寝転んで遊び感覚でやってみてください。
真上にまっすぐ投げます。

投げたボールを投げた手で捕球します。
1m、2m、3mと順番に挑戦してください。

 

ステップ2)バスケ(ダーツ)投げ
ダーツやバスケットシュートなど的に正確にスローするときは肘は身体の中を通ります。そして腕を伸ばす、回内動作で親指を内側に入れて投げることです。

肘が体の中にある

 腕がしっかり伸びている
このためにまずは真上投げをします。自分が投げた手にボールが戻ってくるように、、そして次に硬式や軟式ボールをバスケットシュートやダーツの様に2~3m離れたポイントに投げ切ることです。この時に山なりの軌道を描くことが重要です。

バスケットのシュートの様に

腕をしっかり伸ばします。

 

ステップ3)回内全身投げ
正面を向いて肩幅でスローイングしますがグラブ側の腕を回内動作にします

回内投球動作(古武道)の動きです。

グラブ側の肘を引きます。

両腕の絞りを使います。

古武術の動きです。

小さな動きで大きな効果を生みます。丹田を使って投げます。

 

ステップ4)回内半身投げ

回内動作を使って半身になって投げます。この時もいろいろ古武術の作法があります。

回内動作でボールに勢いが付きます。

 

ステップ5)メジャー投げ

古武術の両腕も絞りから生まれるパワーの使い方が学べます。メジャーの内野手も投げる時間が無い時にこの動きをして強い球を投げています。

片足で行った方が体得が速いです

軸足の股関節に乗せる感覚が生まれます。
これでツッコミやひざ割れ肩の開きなどの問題が解決できます。回内グラブの使い方も体得できます。

この動画には進化した一本下駄の使い方や回内ヤマトインソール、回内ヤマトスパイクの秘密も公開しています。
C:\Users\Umehara\Pictures\21905530_1424016684379513_1160998347_n.jpg

この5つのドリルをされてからブルペンで投げてください。捕手や指導者がその変化に驚かれると思います。私はその現場に何回も立ち会いました。高校野球や中学硬式などはあっという間に時間が過ぎます。忙しくてご来店できない投手は、まずは試着サービスをお勧めします。

 

この回内投球動作・体得ドリルDVDは、ヤマト回内投手用Wベルトグラブご購入の方限定でプレゼントしています。

「ヤマト グラブ Wベルト」の画像検索結果本気の方と一緒に夢を叶えるグラブ

ヤマト回内グラブの興味のある方は、ヤマトグラブの1度手を入れて試着してみてください。自分でベルトを調節して1、2度軽くシャドーされたらすべてがわかると思います。

ヤマト回内Wベルトグラブご購入の方へ

上達の秘訣1)動画をよく見てドリルを体得してください。
上達の秘訣2)もし何かご質問、疑問があれば私宛にメールください。
上達の秘訣3)ご予約されて個人無料指導も受講してください。加速上達します。
上達の秘訣4)来店できない場合ドリル1~5の動画を送って下さい。確認して改善法をお伝えします。
上達の秘訣5)年末の回内投球練習会に是非参加してください。今年は12月28,29,30日です。
ヤマトグラブご愛用の方は講習料無料です。ヤマトグラブ以外ご使用の方は5000円になります。

Wベルト投手用定番グラブ購入はこちら Wベルト投手用セミオーダーはこちら
Wベルトなしの投手用定番グラブ購入はこちら Wベルトなしの投手用セミオーダーはこちら

 

両手の感覚はつながっているという簡単な実験

 

回内投球動作でコントロールが良くなる理由

コントロールが変わるWベルトの効果

回内グラブでなげるとなぜ回転軸が安定するのか?

ヤマトグラブユーザー限定ページで、さらに詳しい練習方法の動画を掲載しています

 

1)回内理論

投手力の潜在的な可能性を引き出し、理想の投球をするための解決策。それは回内理論です。多くの成功されている投手は、意識的、無意識的どちらにしてもこの動作を理解され実践されています。そのほうが投球動作が安定するからです。野球経験のない保護者の方でも私の回内効果が十分にご理解いただける内容として動画を作成しました。高校野球の指導を始め国内の独立リークの投手や現役のプロ野球投手にも行っている簡単な回内効果の実験テストですが、6分程度の動画なのでまずはご覧ください。大きな発見があると思います!ヤマト回内Wベルトグラブは特許取得商品です

【ヤマトグラブTV】コントロールが変わる魔法のグラブ

いかがでしたでしょうか?私が提唱している回内効果が十分ご理解いただけたでしょうか?この体の反応は、誰でも起こる骨と筋肉と関節の運動反射の結果です。回内投球動作は最小限の力で最大限の効果が得られ投球動作におけるコントロール、変化球などに大きな効果が出やすくなります。そしてその動作を自然に誘導してくれるヤマト回内Wベルトのご紹介です。ここで私が考案した特許取得の回内グラブの構造の内容とその効果を40秒で解説しました。御覧ください。

 

2)ヤマト回内Wベルトグラブ

【ヤマトグラブTV】コントロールが変わるヤマトWベルト回内グラブのヒミツ

このグラブに興味のある方はヤマトグラブ工房で実際にこの画期的なグラブに手を入れて感じてください。遠方で来れない方の場合はヤマトグラブ試着をお申し込みください。無料です(往復の運賃はかかります)

 

私の夢は私のグラブを使った多くの投手が肘や肩の故障なく夢の舞台の甲子園やプロ野球投手として大活躍されることです。

全国での回内グラブの講習会

独立リーグ石川ミリオンスターズの投手陣

三重県のソフトボール国体選手

 

回内グラブと回外グラブの違い

 

回外グラブの特徴

従来の投手用グラブは、ほとんどが下記写真の黒色の回外動作グラブです。このグラブの特徴は基本グラブが捻っていて尺骨神経支配(小指の付け根)のグラブです。基本動作は、前腕の外側に働きかけるグラブで、ボールのスピードは、腕の遠心力で速くなりますが、抜けだま、引っかけ球などコントロールに難が出て突然崩れる傾向があります。グラブの特徴は、閉じると親指と人指、中指が近づく感覚、親指が外側に立つ状態になりやすいです。投げるときに親指が写真のように外れやすくなります。

回外グラブで投げよと片足立ちすると自然に頭がホームベース側にそして背中側にいく回旋運動が始まります。これを意識しながら投球するのはストレスが生じます。頭が突っ込むので着地も早くなりグラブ側の肩も下がり気味になり体が開きやすくなります。その結果コントロールが乱れやすくなります。

肩のライン(赤)はグラブ側が下がり体の軸、鼻のライン(青)も傾き、ボールと頭の距離(黄色)は必然的の遠くなります。この結果コントロールは難しくなります。

腕はこの様に遠心力が働きボールを持っている手は頭からはすれやすくなります。大きな遠心力が働き、その腕を内側にもどすために登板した翌日は腕や肩が張ることが多くなり野球肘などの故障の確率も高くなります。

 

このような投球動作の場合、ボールの回転軸はいがみやすくなります。

腕が頭から外れるとこのようにボールの回転軸が斜めになる可能性が高くなります。

ボールが抜けやすくなる原因(黄色のマル)

 

回内グラブの特徴

回内グラブとは、橈骨(とうこつ)神経支配(親指の付け根)のグラブです。前腕の内側に働きかけるグラブで、親ゆびに余計なストレスがかからないので、ボールの回転数、コントロールが安定する傾向があります。グラブのポケットにソフトボール2~3号がすっぽり収まる感じで、投げる手もグラブを装着している親指がリラックスできます。【2019年3月3日 特許取得】

回内グラブは、肩甲骨の可動域が広がりリリース時に親指のにぎりのストレスがありません。その結果ひじや肩にもストレスが無くなります。ピンポン玉をスナップを利かせて投げるような感覚になります。ご覧のように気がすべて体の内側に自然に向かいます。楽に立てて頭も突っ込まずに肩も開きにくくなります。

回内グラブ投球は、肩のライン(赤色)がまっすぐになり体の軸(鼻のライン)も地面と垂直になり結果ボールと頭の距離(黄色)も近くなります。ダーツやバスケットのフリーシュートの様に肘が体の近くを通ると自ずとコントローもよくなります。

 

激しいピッチングの動作でも重要な親指は抜けにくくなります。

ストレートボールを投げるときに回外グラブは、激しい投球動作時に親指がずれてスライス回転になりやすくなり四死球が増えますが、回内グラブの場合、力まなくても親指がずれずにリラックスして投げられその結果、回転数もより上がりやすくなり空振りを取れる確率が上がります。また、回内グラブの場合軸足にしっかりためが出来ますのでコントロールが安定し、変化球のキレも出ます。

 

回内Wベルト装着法

1)手の甲の締め付けられる回内ベルトを止める

2)手口バンドをしっかり締める

3)すべて自分の手で簡単に調節でき大切な試合中でもできる

4)自分の手の甲や手首に簡単に調節できる今までにないグラブの構造です。装着時間は約5秒です。従来のグラブは1~2秒ですが、その差が大きなコントロールの差を生みます。【2019年3月3日 特許取得】

ご来店の場合は、今お使いのグラブ・スパイク持参のうえご予約されることをお勧めしています。

 

元プロ投手との検証テスト

元プロ野球投手で海外活躍の経験豊富で現役MAX151kmの小林 亮寛氏とこのグラブの検証をしてきました。


2018年 3月 福岡県コビーズ練習場ブルペンにて

小林投手の経歴プロフィール

■PL学園高校時代
故障もあって甲子園出場はなかったもの長身から繰り出されるストレートなど潜在能力の高さを買われなんと1997年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズからドラフト6位で指名され入団。その後、あることがきっかけで、イップスになります。
ロッテ時代
ロッテでは、入団後5年間で一度も1軍登板の無いまま、2002年に戦力外通告を受け退団されます。
米独立リーグ時代
2006
年にアメリカの独立リーグ・ノーザンリーグのカルガリー・ヴァイパーズ(カナダ)と契約し現役復帰。中継ぎとして40試合に登板。開幕から終了まで投手では唯一、1度もロースターを外れなかったそうです。

現役引退後~~現在
2015
15日福岡市博多区にスポーツジム・コビーズを開業されています。https://www.kobesbaseball.com
小林さんの投手としての特徴は140km/h台中盤の速球に2種類のツーシーム、カーブ、フォーク、スライダー、チェンジアップを投げ、最速は、94マイル(約151km/h)を記録されました

その超努力家の彼と「グラブの違いでコントロールが崩れるのか?」を検証することになりました。

 

今回の検証方法
検証その1) 黒色のグラブでストレート、変化球投げてもらう!

検証その2) 今回考案した回内Wベルトグラブで、同じ数投げて違いを感じてもらう

検証結果


回内グラブの方が平均的に回転数、スピードが出ました。黒色の回外グラブで平均130,8km 回転数1953rpmが赤の回内グラブで140km、回転数2068rpmになりました。また、小林投手は「投げたあとの腕、肩の疲労感がまったく違う」とのことでした。

 

現在、他の投手でも検証中です。全く効果が無いという事は、今のところ出ていません。回内グラブは投球動作、回転軸、コントロールの向上など必ず何かの変化が生まれます。(個人差はあります)

 

ヤマトグラブからの提案

1)まずは1度ヤマトグラブ工房に来店してグラブに手を入れてみる

2)自宅でできる試着サービス(無料)を試してみる。★往復の運賃はかかります。

お気軽にお申し込みください。 メール bba@big.or.jp
(お約束)ヤマト回内Wベルト試着グラブを申し込まれたあとその後一切の売り込みはしていません。マッチングしていただいた方に笑顔で使用していただきたいのです。

3)実際に購入して使う(5日使用して効果を感じないときは返品を受けています)
注意)刺繍された加工グラブ、あきらかに投球以外で痛んだグラブは返品できません。BBA-106Wの定番シリーズに限ります。

 

        【学割のお得なお知らせ】
硬式用・軟式用のBBA-106Wシリーズ(ブラック、BKオレンジ)は販売価格65000円特許取得記念価格で59000円で5月末までの期間限定でご提案しています。2色限定です。

ご購入のページはこちら  http://bba.co.jp/?page_id=4805

この投稿にはタグが設定されていません